血液検査、尿検査の意味や見方について簡単に説明しておきますので、成績表や判定票の結果をご覧になるときの参考にして下さい。
 
【血液学検査】
赤血球
ヘモグロビン
ヘマトクリット
赤血球の中のヘモグロビンは、酸素を運搬する重要な役割を担っている。ヘマトクリットは、 一定の容積の血液中に赤血球成分がどの程度含まれているかを表している。貧血の有無、程度を調べる検査。
MCV
MCH
MCHC
鉄欠乏性貧血や悪性貧血など貧血のタイプを調べる検査。
白血球 白血球は病原体から体を守る働きがある。炎症性疾患や白血病では異常値を示す。喫煙者、妊婦、ステロイド薬の内服でも高値を示す事がある。
血小板 出血の時、血液を凝固して止血する役目。出血傾向、アレルギー以外に、慢性肝炎、肝硬変の進行度と関係し、減少する事がある。
血液像 白血球百分率や赤血球形態の異常を調べる検査。感染症、アレルギー疾患、貧血等で異常を示す。
 
【生化学検査】
①肝機能

AST(GOT)
ALT(GPT)
蛋白質代謝に関係する酵素で、肝臓の細胞に多く含まれている。細胞が傷害されると血液中に遊離してくる。ASTは、肝臓以外に心筋や骨格筋にも存在する。肝障害、心筋障害、筋肉疾患で高値を示しやすい。
LDH 乳酸脱水素酵素。多くの臓器に存在し、細胞障害で血液中に遊離してくる。激しい運動をすると高くなりやすい。筋肉疾患、溶血性貧血、急性肝炎、心筋梗塞、癌などで高値を示しやすい。
γーGTP
ALP
LAP
胆道系の酵素で、肝疾患の他に胆石、膵疾患、胆道系の腫瘍などで高値を示す。γーGTPは主としてアルコール性肝障害の指標に用いられる。ALP(アルカリフォスファターゼ)は肝臓以外に骨、腎臓など多くの臓器に含まれている。骨の病気などでも高くなる。
ビリルビン 胆汁の主成分で、赤血球のヘモグロビンが変化してできた色素。黄疸の指標になる。肝障害や胆汁の流れを妨げる胆道系の疾患で上昇する。
Ch-E 肝臓で合成されるコリンエステラーゼという酵素。肝臓の蛋白合成能を反映。肝障害、低栄養、貧血などで低下し、肥満や脂肪肝ではむしろ上昇する。
ZTT
TTT
膠質反応と呼ばれ、血清が濁る度合いにより肝機能を評価する。慢性肝炎、肝硬変などの肝疾患の他に肺結核、膠原病などで変動する事がある。
総蛋白
アルブミン
A/G比
血清中の蛋白質にはアルブミン(A)とグロブリン(G)とがあり、アルブミンは主として肝臓で合成される。栄養不良、消化吸収障害、肝機能が低下するとA/G比も低下する。
 
②腎機能、尿酸代謝
尿素窒素
クレアチニン
蛋白質は代謝され尿素になりクレアチニンと同じく腎臓で濾過、尿中に排泄される。腎機能が低下すると尿素窒素、クレアチニンいずれも上昇する。尿素窒素が上昇するのは腎障害の他に消化管出血や心不全の時で、低下するときは栄養不足、アルコール性肝硬変、妊娠等を考える。
尿酸 尿酸はプリン体が分解してできた老廃物。大量の飲酒や肉類にかたよった食事で高くなる事がある。高尿酸血症は関節の痛風発作や腎障害の原因になる。女性ホルモンには尿酸の排泄を促す作用があり尿酸値は女性の方が低く痛風も少ない。
 
③膵機能
アミラーゼ 消化酵素の一つで膵液や唾液に含まれる。高値を示すと急性・慢性膵炎や膵臓癌が疑われるが、唾石や流行性耳下腺炎でも上昇する事がある。
 
④脂質代謝
総コレステロール 主に肝臓で合成され、細胞膜やステロイドホルモンの材料として利用されている。上昇すると動脈硬化の原因となる。糖尿病、甲状腺機能低下症、ネフローゼ症候群では高値を示し、貧血、吸収不良、甲状腺機能亢進症、肝臓病で低下することがある。
HDL-CHO
LDL-CHO
HDL(比重の高いリポ蛋白)コレステロールは、善玉コレステロールとも呼ばれ、血管壁に沈着した余分なコレステロールを回収して肝臓に戻し動脈硬化を防ぐ。反対にLDL(低比重リポ蛋白)はコレステロールを血管壁に蓄積させ、動脈硬化の直接の原因となる。
sdLDL-CHO

SmallDenseLDL(sdLDL)はLDLのなかでも、より小型な比重の高い粒子で「超悪玉コレステロール」と呼ばれ、動脈硬化を進行させる。

中性脂肪 血液中の中性脂肪のほとんどはトリグリセライドで、食事として摂取される脂肪の大部分を占める。従って食事が検査値に直接影響する。高値で動脈硬化、急性膵炎、脂肪肝の原因になる。
 
⑤電解質、ミネラル、CK(CPK)
Na、K、Cl
Ca、P
Na(ナトリウム)やCl(クロール)は、体の水分代謝に関係し、浮腫や脱水等の異常を知る目安となる。K(カリウム)やCa(カルシウム)濃度が変化すると心臓、神経、筋肉等に影響を及ぼす。P(リン)は細胞や骨格系の主要な成分で、異常になるとあらゆる臓器の症状が現れる。
CK(CPK) 筋肉や脳に分布する酵素で、心筋梗塞、筋肉疾患、膵疾患などで異常高値を示す。
 
糖尿病検査】
空腹時血糖
HbA1C
糖負荷試験
食事に含まれる糖質は、消化管でブドウ糖に分解され血液中に入る。糖尿病では膵臓からのインスリンが不足し血糖値が上昇する。通常は空腹時に血糖値を測定する。HbA1C(グリコヘモグロビン)は過去1~2 カ月間の血糖値の平均を示す。ブドウ糖負荷試験により糖尿病か境界型かを調べる。
 HOMA-R
(インスリン抵抗性指数)
HOMA-Rはインスリン抵抗性を調べる検査です。インスリン抵抗性とはインスリン分泌があるにもかかわらず、その働きが低下している状態を指します。内臓脂肪の蓄積によりインスリン抵抗性が出現し、糖尿病・脂質異常症高血圧などを引き起こし、動脈硬化を促進します。
 
【血清学検査】
ペプシノゲン
検査
血液中のペプシノゲンという物質を測定して、胃粘膜の萎縮の程度を調べる検査。萎縮が進むと胃炎やポリープ、胃癌などの病気になりやすくなる。異常を示す時は、内視鏡的に精密検査や経過観察が必要。
RF リウマチ因子の検査。関節リウマチの他に肝疾患や腎疾患などでも陽性になる事がある。
CRP 炎症が起きると早期に増え、治まると消失するので感染症の経過を見るのに効果的である。
TPHA
RPR
梅毒の検査。感染機会があり、両検査が陽性の時は治療を要する。治療に対しRPRは反応して低下するがTPHAは下がりにくい。
HBs抗原
HBs抗体
B型肝炎の検査。抗原が陽性の時は、B型肝炎ウイルスに感染していることを意味する。抗原が陽性でも肝機能が正常の時はキャリアと言うが経過観察を要する。抗体のみが陽性の時は、感染した既往があるがすでに治っていることを示す。
HCV抗体 C型肝炎の検査。抗体が陽性の時は、過去にC型肝炎ウイルスに感染したことを示す。現在も持続感染しているかどうかは更に詳しい検査が必要。感染していても発病していないこともあり定期的な肝機能検査が望ましい。
 
【腫瘍マ-カ-】
α-FP
CEA
CA19-9
CA125
PSA
主にα-FPは肝癌の、CEAは大腸癌の、CA19-9は膵癌の、CA125は卵巣癌の、PSAは前立腺癌の腫瘍マーカーであるが、他の疾患(膵炎や子宮内膜症など)でも変化し、また飲酒、喫煙などの影響も受けやすいので、軽度の場合はあまり問題とならない。高値でも他の血液検査や画像診断と総合して診断する。
 
【甲状腺検査】
Free T3
Free T4
TSH
甲状腺機能の検査。甲状腺ホルモンが多すぎても、少なすぎても症状がでて、治療を必要とすることがある。
 
【尿検査】
尿蛋白 健康人でもわずかに尿中に蛋白は排泄されている。腎障害や尿路の病気で一定量以上排泄されると陽性と判定される。過激な運動の後や、発熱時、生理前に陽性になる事がある。
尿潜血 肉眼ではわからない微量の血液混入も発見できる。陽性の時、尿路系の病気を疑う。健康人でも過激な運動で陽性になる事がある。生理中は判定に影響する。
尿糖 血糖値が高くなると尿中に糖が出てくる。陽性の時は糖尿病を疑う。甲状腺機能亢進症でも陽性になる事がある。 腎性糖尿は血糖値が高くなくても陽性になる。
ウロビリノーゲン 通常でもわずかに検出され正常と記す。便秘や疲労などでも影響される。強陽性になると肝障害や胆道系の通過障害を疑う。